The ポルタルサイト

TOP   ショッピング情報   政治情報   経済情報   社会情報   芸能情報   近畿・関西情報   神戸情報  

野球情報   サッカー情報   ハワイ情報   アメリカ情報   EU情報   ポーランド情報   オーストラリア情報  

ニュージーランド情報   イギリス情報   ソフトウェア   雑学・相談・質問   備忘録   リンク集   その他   サイトマップ  



             
楽天市場で探す
楽天市場
 

楽天市場×The PortalSite

出発地: 目的地:
  • MORE!!!

ラケットやストリング

反発系のラケットやストリングの力でフラットなら素人でもそこそこ速いサーブが打てる。

正しいフォーム

プロでも200劵ーバーのサーブを打てる方が少数。 200劼離機璽屬鯊任珍手の体格やフォームを見れば、 何が必要なのかわかるはず。

内転

内側にバチンとはじくこと。はじくことでスピードが上がる。

道具選びで少しでも速くする

ストリングは細めでテンション高め。ナチュラルがベスト。 ラケットは、インパクトの力を無駄なく伝える硬さと、 衝撃に負けないで振り切れる重さ、鋭い振りを可能にする薄めのフレーム。 しっかり振り抜ける筋力があるなら長ラケ。

内旋

上腕の親指が外側から内側に向くように捻ることを内旋という。 この動作に必要なのは肩甲下筋、大胸筋、広背筋、大円筋。

綺麗なフォームを作る

ほとんどの人はまともにサーブを打てない。 まずは綺麗なフォームを作る事。

ピッチャーの投球と同じ

テニスのサーブはピッチャーの投球と同じ。 軸足に体重残っていたら、しっかり投げられない。

重いラケット

プロで重いラケットを使っている人は手首と前腕を固定して押すスイングをしている人。 バウンド後の伸びが無く死んだボールを打つ選手。 死んだボールを打つ選手はネットで勝負に出る。 ストロークはフラットドライブ若しくはフラット。 サーブは回転重視ではないのでフェデラーのようなサーブは無理。 重いラケットを使っていた代表例はサンプラスやヘンマン等。 重いと言っても370〜380g(総重量) 。

軽いラケット

逆に手首と前腕で面操作をしてスピンを掛けるためにはラケットは軽く、 トップライト気味でなくてはいけない。 それはヘッドを返す時に、ラケットが重いとヘッドは返りづらいから。 手首に物凄い負担が掛かる。 現代テニスで南米やスペインのクレーコートスペシャリストが打っている 物凄いトップスピンの掛かったエッグボール。 ストロークを極めたい人には、バウンド後に物凄い勢いで跳ね上がる エッグボールは絶対条件。代表例はナダルやプエルタ等。 ラケットは改造されていて300g〜320gでトップライト気味。(総重量)

ただスピードを速くしたいだけなら筋トレ

コートに入るとか、コースを狙うとか関係なく、ただ相手を威圧するためだけに、 サーブを速くしたいなら筋トレをしまくればいい。

手首

変にこねたりしてたら、すぐ怪我する。

フォーム

まずはフォームを鍛える。 どんなに筋肉をつけても、フォームが悪いと、コートに入らないし、 スピードも上手鹿出ない。

肩のトレーニング

肩のトレーニングは野球のピッチャー用のトレーニングが良い。 特にチューブトレーニングがお勧め。

サービスのトスの腕

サービスのトスの腕は、体幹に対して45度くらいがいい。 そうすると、トスの位置がずれても、スピンサーブの位置になって何とか打てるから。

  • MORE!!!