The ポルタルサイト

TOP   ショッピング情報   政治情報   経済情報   社会情報   芸能情報   近畿・関西情報   神戸情報  

野球情報   サッカー情報   ハワイ情報   アメリカ情報   EU情報   ポーランド情報   オーストラリア情報  

ニュージーランド情報   イギリス情報   ソフトウェア   雑学・相談・質問   備忘録   リンク集   その他   サイトマップ  



             
楽天市場で探す
楽天市場
 

楽天市場×The PortalSite

出発地: 目的地:
  • MORE!!!

債務整理の存在を知るべき

犯罪や自殺をしてしまう前に、債務整理という方法があることを知るべき。

メディアに振りまわれない

雑誌やテレビに振り回されず、物を欲しいままに消費しない。どうしても物を使いたいときはレンタルを利用するという方法もある。

ネット

ネット上には借金に対する情報がゴロゴロしている。ネットによる情報の共有化によって、借金の苦しみから逃げられた人も多いはず。

とりあえず弁護士に相談

多重債務に苦しんだら、とりあえず弁護士に相談すること。弁護士が依頼を受任した時点で、とりあえず、今の支払いはストップされる。

弁護士費用

弁護士に払う着手金や報酬などの費用は当然のこと。彼らは他人の権利を扱うために何年もの時間を費やして専門の勉強をし、知識や能力を身に付けてきた。そのような高度のサービスには、それ相応の対価を払う必要がある。

貯金と収入

欲しいものは貯金と収入を考慮して、身の丈に合った買い方をするべし。

やけっぱち

借金を背負っていた頃の方が無駄遣いが多い。終わりが見えなくなってくると、半ばやけっぱちになり、お金に関して神経が鈍ってしまう。

弁護士選び

甘い成功例だけを説明する弁護士ではなく、「負債が残る場合がある」「自己破産も道のひとつ」「少なくとも半年程度は時間が掛かる」など、現実味のある説明をきちっとしてくれる弁護士を選ぶこと。また、着手金、預託金、報酬などの費用を明確に説明してくれる弁護士や事務所が良い。

ブラックリスト

自己破産や個人再生の情報は「官報」に掲載されるし「個人信用情報機関」に登録される。

弁護士に頼む意味

弁護士に依頼した時点で支払いが止まる。それだけで、かなり余裕ができる。弁護士に支払う費用は高いが、サラ金に払うのとは意味が違う。

借金のために借金をしない

借金に苦しくなったら、たとえ20万30万程度の小額でも無理に他から借りて帳尻を合わせようとせずに、すぐに弁護士や司法書士に相談すること。

ギャンブルはしない

もちろん、パチンコや競馬などのギャンブルとはおさらばする。

小さいことを大切にする

借金をする人は、すぐに金に頼り、退屈を嫌い、あとで我慢しようとする傾向がある。借金をしない人は、コンビニに行く回数が少なかったり、ゴミをあまり出さない生活をしていたりしている。1円、10円を軽く見ないことが大切。

自分の浪費を把握する

酒もアルコールも女遊びをしなくても、何に使っているかを把握しないで浪費を続けていると、いつの間にか多重債務に陥る危険がある。

司法書士

司法書士でも140万円未満なら借金問題を扱うことができる。

デビットカード

クレジットカードを持ちたくないが、現代社会においてはカード決済が必要な場面は多い。そこで持っていると便利なのがデビットカード。これは自分の貯金や預金以上の買い物はできないので、安心して使える。

経済的に立ち直ることが大切

債務整理した事実を悔やむのではなく、債務整理をして経済的に立ち直る事が大切。ネガティブな情報も5〜7年で消える。

惚れた男が悪い

若い女性の場合は、浪費よりも惚れた男に利用されて借金まみれになることが多い。金遣いが荒い、ギャンブル中毒の男は女性名義で平気で借金をする。

堅実な生活を続ける

借金が整理された後も、借金で苦しんでいた頃と同じような生活を続けていると、貯蓄できるようになる。

パチスロでは儲からない

現金がないからといって、パチンコやスロットで手っ取り早く増やそうとしないこと。パチスロは勝とうが負けようが、千円札を紙切れのように使ってしまう。短期的にプラスであっても、胴元である企業とのギャンブルに勝てるわけがない。

  • MORE!!!