The ポルタルサイト

TOP   ショッピング情報   政治情報   経済情報   社会情報   芸能情報   近畿・関西情報   神戸情報  

野球情報   サッカー情報   ハワイ情報   アメリカ情報   EU情報   ポーランド情報   オーストラリア情報  

ニュージーランド情報   イギリス情報   ソフトウェア   雑学・相談・質問   備忘録   リンク集   その他   サイトマップ  



             
楽天市場で探す
楽天市場
 

楽天市場×The PortalSite

出発地: 目的地:
  • MORE!!!

せどり(背取り)とは

背取り(せどり、「競取り」とも)は、書籍・雑誌などを古本屋から安く購入し転売する行為。本の背表紙を片っ端から見て本を選ぶことからこう呼ばれる。これらを行う者は古書店バイヤーであったりあるいはインターネットオークションや amazonなどで転売し利鞘を儲けにする目的で古書店めぐりをする人を指す。その本を売って利益を得られるかどうかという目利きが重要である。 Wikipediaより

ブックオフ

ブックオフで絶版の掘り出し物を探し出す。

せどりにむいている都市

都会は店の数多いけど、ライバル多すぎて、いいものはすぐになくなる。田舎はライバル少ないけど、1度荒らすと回復するのに3ヶ月〜半年かかる。福岡や札幌・・などの中堅都市が「せどり」に一番むいている。

相場を調べる

ここで、大体の相場が分かる。

ゲームやCD

本だと、かなり重くなるので、ゲームやCDもお勧め。

実際に儲けてる人

実際に儲けてる人はごく僅か。相場などが分かってもライバルが多いと難しい。 目利きがないと「せどり」で儲けるのは難しい。

波がある

月単位でも波があるのに週単位では気にする必要なし。

上手い人を手本にする

Amazonマーケットプレイス出品数ランキングやヤフオクで稼いでいる人を 見つけて参考にする。 あとオークション統計のページで調べる。 本だけでなく、CD、DVDまでチェック範囲を広げればレア物を見つける確率 が上がる。

基本は薄利多売

とにかく安く多く売ること。一攫千金を狙わない。

諸費も考える

ガソリン代、携帯代、税金、年金、国保の事も考えること。

新規参入は難しい

流行ってから参入するようじゃもう遅い。流行りだす前にやらなければ、新規参入は厳しい。

簡単ではない

簡単に儲かるくらいに思っているなら止めたほうがいい。 もとでも少なくて簡単に始められる商売では有るが、 やっていくには結構時間的拘束もある。

需要と供給のバランスが崩れている

最近はテレビ・マスコミなどで頻繁に放送とかしているから、需要と供給のバランスが 崩れている。

世の中は広い

世の中は広いもので、信じられないくらい高い値段でも買ってくれる人がいる。

有料情報商材1

相場を扱うものに、定石はない。 つまり、その人が持っている勘と経験によって導き出された答え。 経験を人に教えることは出来まるが、勘は教えることが出来ない。 教えられた経験(これを知識という)を元に勘を育てていくことになるが、 それは、誰でもうまくいくというものではない。 そのリスクを承知で買うのであれば、別に悪いことでは無い。

有料情報商材2

本当に儲かることなら、誰にも売らない。自分で儲ける。 過去の経験だけでは未来を動かすことは出来ない。だから売る。 それが、教材(情報)。

人の真似をしていては駄目

バブル絶頂期にも倒産した不動産屋はいる。 パイが大きく膨らんでる時にも、まわりの誰もがやってる同じ方法を真似しても 失敗する人間はいる。 ましてパイが限られたり縮小してる段階や、大量の新規参入がある時に成功するのは難しい。

経験と勘

一番の問題は「有料(情報)商材」を買えば何とかなると思ってる心構え。 「ウラ技」とか「抜け穴」を知ってる人間が儲けてると思ってるからダメ。 結局は地道にやった「経験」から身に付いた「勘」が「ウラ技」の何十倍も役に立つ。

古本屋の閉店セール

古本屋の閉店セールはかなりのチャンス。 90%OFFなんてこともある。

  • MORE!!!