The ポルタルサイト

TOP   ショッピング情報   政治情報   経済情報   社会情報   芸能情報   近畿・関西情報   神戸情報  

野球情報   サッカー情報   ハワイ情報   アメリカ情報   EU情報   ポーランド情報   オーストラリア情報  

ニュージーランド情報   イギリス情報   ソフトウェア   雑学・相談・質問   備忘録   リンク集   その他   サイトマップ  



             
楽天市場で探す
楽天市場
 

楽天市場×The PortalSite

出発地: 目的地:
  • MORE!!!

家庭の平均使用量

  • 世帯人員1人の使用水量:7.8立方メートル
  • 世帯人員2人の使用水量:16.2立方メートル
  • 世帯人員3人の使用水量:21.6立方メートル
  • 世帯人員4人の使用水量:26.3立方メートル
  • 世帯人員5人の使用水量:30.6立方メートル

一人1日の使用量

1人が家庭で使う水の量は、昭和61年には1日219リットルだったのが、 平成18年には1日241リットルと増えている。

スーパーの水

元栓(流しの下にある部分)をかなり絞り、料理用の水もスーパーのただのを使う。 買い物ついでに汲むから面倒にならない。 入浴もシャワーを使わないで手桶にする。 すると、節約開始前より水道代が3千円以上安くなる。

洗濯機のスピードコース

洗濯機のスピードコースを利用すると、電気代も水道代もお得。 汚れがひどいのは先に100均の洗濯板でこすっておく。

節約型シャワーヘッド

節水型シャワーヘッドの場合、従来型よりも15%の水を節約できる。 シャワーヘッドの水が出る穴が小さいだけの違い。 水の勢いは、見た目には違いは無い。

洗面器の大きさ

関西の銭湯では関東の銭湯より、洗面器が小さい。 その分、節約できる。

シャワー

寒くても湯船にお湯を張らない。 シャワーは1回5分以内と決めれば安い。

シャワー出しっぱなし

シャワーの出しっぱなしに注意する。

もう1度確認

  1. 本当に1ヶ月分の使用量なのか、もう一度確認してみる。
  2. 家族が異常な使い方していないか、もう一度確認してみる。
  3. 漏れていないか、垂れ流しになってないか、調べてみる。
  4. 水道屋を呼んで色々見てもらう。

水差し

日常使う水は水差しを使う。

バスタブの湯量の設定

バスタブの湯量の設定を1メモリ減らしただけで400円ぐらい減った。 もちろんガス代も減った。

水道メーターのチェック

とりあえず気が向いたときだけでも水道メーターを自らチェックする。 家中の水洗を全部閉めてパイロットマークという銀色のものが少しでも廻っていたら漏水している。 ぐるぐる廻ってても案外気付いてない家が多い。

降雨の不純物

降雨には不純物が混ざっていると言われている。

無水小便器

水を使わない無水小便器は交換薬品の費用が水代よりも圧倒的に高くつく。

外出用の洋服と部屋着

出かける時に着替えて、帰ってから簡単な格好になる。 だから、外出用の洋服は綺麗なので洗剤を入れずにお急ぎで軽く洗える。 下着、肌着、寝巻きはしっかり洗う。 これでも少しは水道代が減る。

下水道料金と上水道料金

下水道料金は上水道使用量で計算する。 下水道にメーターはない。 よって、庭に撒いても変わらない。 水道の使用量削減が上水、下水の料金ともに減らす唯一の方法。

貧乏人は暖かい地方に住め

基本的に貧乏人は暖かい地方に住む。 暖かい地方の方が服も薄着でいいし、暖房もいらない。 車にしてもスタッドレスタイヤもいらない。

粉洗剤はぬるま湯で

粉洗剤はぬるま湯でよく溶かして使うと洗浄力が上がる。 液体もいいが、使いやすいので、すぐなくなってしまう。

すすぎ1回目は貯めすすぎで3分、脱水、2回目は流しすすぎで目で見てこれくらいならと思える程度で良い。

洗濯機の水量設定

洗濯機に水量の設定を任せるのを止めるだけで料金が減る。 もちろん、使う洗剤の量も減らす。

シャワーは1日に1回20Lだけ

シャワーは1日に1回20Lだけ、お湯をポリタンクに入れたのをチビチビ使う。 20Lとはシャワーで2分弱、普通のバケツ1杯分。

ジョギングで体を温める

少量のお湯で体を洗おうとすると、特に冬の寒さがきつい。

そんなときは、体を洗う前にジョギングをして体を温めると良い。 湯冷めしないし、心地よい倦怠感からぐっすり眠れる。

シャワーの水

シャワーのお湯に変化するまでの数秒は冷たい水が出る。 その数秒の水を節約する為に、バケツにその水を貯めて洗濯に使う。 シャワー3回でバケツ1杯ほどになる。

洗剤の量

洗濯において、洗剤を多めに使用すればその分だけ綺麗になると思いがちだが、 そんなことしなくても適正な量で十分綺麗になる。 そして、使用する水の量も随分と減る。

シャワーを使わない

シャワーを使わない。 濡れタオルで身体をふく。 または、バケツに水を貯めてお湯を足してぬるま湯にして身体を洗う。

スーパーの水

飲料水はスーパーで補給できるサービスを利用する。

  • MORE!!!