The ポルタルサイト

TOP   ショッピング情報   政治情報   経済情報   社会情報   芸能情報   近畿・関西情報   神戸情報  

野球情報   サッカー情報   ハワイ情報   アメリカ情報   EU情報   ポーランド情報   オーストラリア情報  

ニュージーランド情報   イギリス情報   ソフトウェア   雑学・相談・質問   備忘録   リンク集   その他   サイトマップ  



             
楽天市場で探す
楽天市場
 

楽天市場×The PortalSite

出発地: 目的地:
  • MORE!!!

液晶モニタ

ブライトネス(明るさ)を下げればバックライトが暗くなり、消費電力が下がる。 ワットチェッカーで測ると、±30%くらいにはなったような記憶がある。 コントラストは消費電力にはほとんど関係無い。

蛍光灯1

蛍光灯の本数を減らして暗い時は天井などにアルミホイルを貼れば明るくなる。

蛍光灯2

風呂の保温シートの切れ端で反射板を作って取り付ける。居間は机のほうが明るくなり反対側は暗い。 13Wの電球型蛍光灯1個で済んでいる。

電気ポット

ずっと保温状態にしていると、内部と外気の温度差は大きいまま保たれる。 内部と外気の温度差が大きいほど単位時間当たりの放熱量も大きくなる。 だから理論的にはコンセントを抜いたほうが得。

電気暖房

ヒートポンプエアコンは高効率・省エネ。 セラミックヒーター等も使用時間・空間を選べば使える。 電気毛布、こたつ等は体に近づけて使用するから低コストで済む。

家電を一斉に付けない

家電を一斉に付けない。 付けてすぐが一番電気を食うらしい。 そして一斉に付けてブレーカーが落ちる時も電気を食うらしい。

PCのシステムスタンバイ

しばらく使わないと、システムスタンバイに入るように設定しておく。

コタツとファンヒーターのコンボ

  • コタツ布団の一辺を開ける。
  • そこにファンヒータの温風を10秒くらい吹き込む(温度は適当)。
  • ファンヒータ消して、コタツ布団も閉じる。

電気毛布

電気ストーブで寒がっていたのが阿呆みたいに思える。

エアコン

古いと多く電気を食う。

壊れる寸前のエアコンに注意

エアコンが壊れる直前の冬が異常に消費電力が多かった。

コタツ1

コタツは工夫次第ですごく光熱費を抑えられる。 アルミ蒸着ポリエチレンシートなどで遠赤が逃げるのも防ぐと、 1時間0,5〜0.8円くらいにもなる。 買うなら、細かい設定ができるコントローラー付きで薄型のヒーターがいい。 (足がぶつかりにくいように) あとコタツ足が丈夫そうなもの。(できれば人が乗っても壊れないようなもの)

コタツ2

コタツは500Wや600Wのヒーターが付いていても、 サーモスタット(温度によるスイッチ)が付いているので、 コタツ内が温度が高くなると勝手舎切れる。温度が低くなるとまたスイッチが入る。 だから断熱するほどスイッチが切れている時間が長くなり電気代が安くなる。

エアコン

エアコンはヒートポンプなので安い。 最新のエアコンは電気でそのまま暖めるよりも5〜6倍の効率。 ただし、やはりコタツよりは高くつく場合が多い。 コタツよりも暖める体積が5〜6倍以上に広いし、 部屋には窓などがあるので、コタツほどの断熱性がないから。

エアコンとコタツの併用

エアコンでそこそこ暖めすぎない程度につけて、コタツ併用がいい。

ブレーカーを落とす

家を出る時はブレーカー落とす。 1日の半分は仕事で外に出るから、待機電力だけでかなりの節約。

部屋の明かり

勉強などデスクワークするときは部屋全体を照らす照明が最低一個はあったほうがいい。 卓上と部屋の明暗差が大きすぎると、目が悪くなる。

早寝早起き

夜は早く寝る。

電気ポット1

沸かすだけなら、都市ガス並の光熱費。 保温するとなると、それなり(断熱性能)の電気代がかかる。

電気ポット2

性能のいいやつは90℃保温で年間2000円くらいだが、 安い電気ポットは年間7000円以上はかかる。

冷蔵庫、冷凍庫の温度

季節に合わせて設定温度を調節する。

スイッチ1

どんな電気機器でもスイッチを入れたり切ったりすると、 通常の3倍の電気が流れるけどそんなのは瞬間的な問題。 それよりも機器に3倍の負荷が掛かって寿命が短くなることが深刻な問題。

スイッチ2

電気を流してる時間もそうだけど耐性も考慮した方がいい。 室内灯で言えば「5分間電気を入れっぱなし」と 「5分間の間にスイッチを10回入れたり消したりカチャカチャやる」とでは、 確実に後者の方が寿命が極端に短くなる。 10分間点けるなら消したほうがいいだろうけど。

コンセントや室内灯のスイッチ1

電気を使用して10年くらい経ったら、 コンセントや室内灯のスイッチを分解して電線を抜いて、 被覆が剥けてるところを見てみることを薦める。 大抵黒く酸化してるからティッシュでも何でもいいが、 布で磨いた方がいい。ここでかなりの電力損失が起きてるから勿体無い。 やると体感的に20〜30%は照度が上がる。 電気効率もそれだけ上がる。やるときはブレーカーを落としておく。 が、(磨くだけなんだけど)電気系に疎い素人にはおすすめ出来ない。 知ったかぶりでやると高確率で火事になる。

コンセントや室内灯のスイッチ2

30年くらい経つと逆に電気ロスで熱を帯びてきて磨かないと火災の原因にもなる。 一つのコンセントのところから3〜4本蛸足にしてる台所は特に。

  • MORE!!!