The ポルタルサイト

TOP   ショッピング情報   政治情報   経済情報   社会情報   芸能情報   近畿・関西情報   神戸情報  

野球情報   サッカー情報   ハワイ情報   アメリカ情報   EU情報   ポーランド情報   オーストラリア情報  

ニュージーランド情報   イギリス情報   ソフトウェア   雑学・相談・質問   備忘録   リンク集   その他   サイトマップ  



             
楽天市場で探す
楽天市場
 

楽天市場×The PortalSite

出発地: 目的地:
  • MORE!!!

関連サイト

(財)不動産流通近代化センター
宅建スーパーWEBサイト
宅建の迷物図書館
杉の子宅建塾

民法は資格の王

ほとんどの法律資格に民法は入ってる。 だから民法は最初に取り組まないとまずい。 逆にいえば民法をマスターすればどの資格にも応用可能。 実務でも民法がらみの相談が多い。

民法の問題

民法の問題を解くときは、図を書く。

テスト内容の大まかな分類

  • 権利関係(民法など)…コツコツやっていく。理論・理解重視。
  • 宅建業法…暗記物。
  • 法令上の制限…暗記物。
  • その他の分野…暗記物。

独学

  • 本を読む(最低総則物権債権家族法×3冊ずつ)。
  • ノートにまとめる(ここで大半が挫折)。
  • 覚える。(予備校本やテープで基本おさえてからこれをやると効果あり)
  • 最初は無理しないで予備校に頼るのが良い。

民法の理解

民法は暗記よりも理解が重要で、はじめからコツコツやっていかなくては身につかない。

勉強の進め方

  1. まず軽く本を読み流す。
  2. 過去問を1ページ解く。(1選択肢ずつ検討する)
  3. 答えあわせする。
  4. 間違ったところをノートに書きなぐる。
    (*)このノートはあとで読み返すためのものではない。単純に記憶するためのもの。
    (*)間違った選択肢は付箋に書き込んで、そのページに貼り付けると便利。
  5. もしここで覚えなければいけない部分に気づいたら、基本書を開いてそこを覚える。
    (*)これも、やはりノートに、ぐちゃぐちゃでもいいから書きなぐる。
  6. 再び過去問を1ページ解く。どんどん先に進んでいく。
  7. 繰り返し。
  • MORE!!!