The ポルタルサイト

TOP   ショッピング情報   政治情報   経済情報   社会情報   芸能情報   近畿・関西情報   神戸情報  

野球情報   サッカー情報   ハワイ情報   アメリカ情報   EU情報   ポーランド情報   オーストラリア情報  

ニュージーランド情報   イギリス情報   ソフトウェア   雑学・相談・質問   備忘録   リンク集   その他   サイトマップ  



             
楽天市場で探す
楽天市場
 

楽天市場×The PortalSite

出発地: 目的地:
  • MORE!!!

リスク制御

どれだけ最強のコツを掴んでもリスク制御できない人は勝てない。 リスク制御が出来てれば、ちっぽけなコツがひとつあれば勝っていける。

BMFの逆張り手法

BNFの逆張り手法だって、 リスク制御出来てなければ、勝てる手法ではなくなる。

多く利益を得る手法よりもリスク制御

リスク制御は簡単そうにみえて、手法を得るよりずっと難しい。 手法を考えるよりも、リスク制御を考える。

一度のミスが大きなミスに繋がる

一度のリスク制御のミスで全てが無くなる。 それくらい相場は難しく、厳しい。

負けてる人の特徴

多く取ろうとする手法ばかりを研究している。

過信は怪我のもと

過信するのも損失が大きくなる原因のひとつ。 自信をもって言ったことでもすぐ撤回できる人間になること。

野球に例えると

ノーアウト満塁を作っておきながら味方に点が入らなかった場合、落ち込んで 裏にすぐ点を取られるよな精神的に弱い投手は使えない。 また、1点取られたら更に打ち込まれ大量失点する投手もローテーションで使えない。 当たり前だけど気持ちの切り替え・攻守交代が出来ない選手は駄目だって事。

早い気持ちの切り替え

デイトレードであれ、スイングトレードであれ、気持ちの切り替が出来ない人は、 建て玉がオセロのようにオール反転してしまう。 「もうちょいなのにっ」というケースは腐る程あるが、ポジションを縮める事すら めんどくさがる人は危険。逆張り手法も、レアケース・いざという時は退散した方 がいい時もあるし、少なくともイージス艦ぐらいの準備は必要。

ライブドアショック

ライブドアショックのリバウンドで大儲けした人間が、同じやり方のまま その後の下落相場で大負けした。

短期売買で無視すること

勝てるようになったのはPERとか板を無視しはじめた頃から。 短期売買においてはPER等の数値はあまりにも意味がない。 他のテクニカル数値にしても数字がでてからではいつも後手、 後手にまわってしまっていたので、 思い切って無視をして売買を始めたら急に勝てるようになった。

新聞や風評に惑わされない

どの世界も言えることだが、新聞や風評に左右され易い人はやめておく方が良い。 自分の意見がしっかりするまで手を出さない。

見せ板(板情報のフェイント)に注意

見せ板はかなりある。わざと売り板厚くして下げへ誘導してるようなことも多い。 なかなか下がらずに上げそうになると、あの大量の売りが突然消えたり。

コツをつかんだと勘違い

運良く地合いに載っただけでコツを掴んだと勘違いした人はいつか痛い目にあう。

日経平均、自分の資金の評価額、損益額をエクセルに

コツを掴んだと思ったら、日経平均、自分の資金の評価額、損益額をエクセルに 打ち込んでみると良い。自分の力が一目瞭然。 「コツを掴んだ」と思っていたが、単に地合が良かっただけということもある。

地合いに順張り

逆に言えば、地合いに順張りすればいい。

「がっぽり儲ける」ことだけが目的

結果として元本を失う。(「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

負け犬

大きな利益は大きなリスクをとってこそと思っている。(「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

市場の鴨1

投資哲学を持たない、あるいは誰か他の人の真似をする。(「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

市場の鴨2

手法を持っていないか、実証もせずに他人の手法を真似し、 自分もそれに合わせている。その手法が自分ではうまくいかなければ、 別の真似をし・・・やっぱりうまくいかない。(「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

負け犬

税金や取引コストが投資の長期的なパフォーマンスに与える悪影響を 見過ごす、あるいは無視する。複利パワーを理解していない。(「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

負け犬2

自分のシステムを持っていても、いつもシステムより先へ 行こうとする。自分の行動を正当化するためにご都合主義的に 基準を変える。(「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

負け犬3

「トントン」まで戻すと願いながらいつまでも失敗した投資に しがみつく。その結果、より大きな損を食らう。 (「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

負け犬4

自分の持っている投資対象を愛し、固執する。(「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

負け犬5

稼ぎ以上の生活をしている。(「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

負け犬6

自分のやっていることを深く理解することが成功の条件だと 分かっていない。自分の知っている範囲に儲けるチャンスが転がっていることにほとんど気づかない。 他の人の情報を確認しないと不安でぐずぐずしている。結果として乗り遅れる。 (「バフェットとソロスの勝利の投資学」より)

相場をギャンブルと捉える人

相場をギャンブルと捉える人は、毎回の勝ち負けに一喜一憂して、 挙げ句の果てに、ちょっと利が乗ったらすぐ利食いして、損切りできずに 今までの勝ちを吐き出して、さらに大負けするのがお決まりパターン。

トレードを「仕事」と捉える

トレードを「仕事」と捉えれば、勝てる確率は格段に上がる。 「増やそう」より、「絶対に減らさない」と思った方が、資産を守れる=結果的に増える。

リスクとリターン

リスクを抑えると、リターンも減る。バランスが問題。

シグナル情報

こういうシグナルでポジションをとれば、必ず儲かる的な情報に注意。 彼らの意図が分からない。

株は簡単

上か下にしか行かない。コイン投げと一緒。 競馬みたいに、一着は当てたけど2着が外れた、みたいな複雑なもの じゃない。

複雑化して考えない

損する人ほど株を複雑に、難しく考えてて、普通にやれば半分当たる のに、大儲けしてやろうとか、損したらどうしようとか、全部当ててやろうとか、 この損を取り戻さなくちゃとか、なんか全部うまくいくコツがあるはずだとか、 理想が高すぎる。

漫画風格言

勝つ確率を高める何かだが・・・・・・
ビギナーはすぐそれを手にしようとする。
いや、しようとするだけでなく・・・・・・
掴んだような気にさえなったりする・・・・・・
掲げたがるのだ・・・・・・!
確信めいたものを・・・・・・!

撤退とリスク管理だけ

撤退、リスク管理、それだけ。 今日の手法は明日は全然役に立たないかも知れない。 「秘伝のコツ」なんてない。ラーメン屋じゃない。

勝率に拘らず損切りに拘る

人間は損より利益を出してるポジションを手仕舞う傾向が強い。 損から目を背けてはいけない。

運に頼らない

株に運を取り入れるのは絶対にしてはいけない。

スイングトレード

  • 買いたい銘柄がなければ買わない。
  • 買った瞬間にどうやって逃げるかを考えておく。

ひねくれ者

皆が恐怖で売っている中コツコツ仕込み、 下値が切り上がりながらコツコツ上がる場面をじっと我慢し、 皆が安心して買い向かう中、脱兎の如く利益を確定し、 また皆が恐怖の中ブン投げる株を仕込み始める。 この繰り返し。

喜ぶ対象

勝った事実や金額に対して喜ぶのではなく、 自分の手法が間違っていなかった事を喜ぶべし。

感情に流されない

最大の敵は自分。 負けを認めたくない意固地な自分に打ち勝って損切る。 損を恐怖しチキンになる自分に打ち勝ってホールドする。 下げたときに投資家のハートの強さが試される。

負け続けている人

負け続けている人は、自分の投資法を一から見直したほうがいい。

  • MORE!!!